第495回例会 : 設計管理【4月中止となった2テーマで開催します】

設計管理【コロナ禍で4/24中止した2テーマを開催します】

日時:2020年11月13日(金)14:15~17:00

場所

京都経済センター 6-D会議室

京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地

https://kyoto-kc.jp/

交通手段

・京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」北改札出てすぐ
・阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口直結
・京都市営バス「四条烏丸」徒歩すぐ
・京都市営地下鉄「京都駅」より烏丸線乗車3分

https://kyoto-kc.jp/access

備考

■ 開催日時: 2020年11月13日(金)14:15~17:00    ※受付開始 14:00~
■ 申込締切日 2020年11月6日(金)
■ 担当幹事 株式会社KYOSOテクノロジ 神田氏 / MAKERS BRAIN有限責任事業組合 河添氏
■ お問合せ 関西設計管理研究会 事務局長  河添 俊幸
エントリーフォームからお問い合わせください。 https://keac.jp/apply-form

スケジュール

14:15 ~ 14:30

ご挨拶

14:30 ~ 15:30

【研究発表1】

『デジタルモノづくりに変革をもたらす3Dデータ統合管理技術』~世界初の汎用3Dデータフォーマット「FAV」のご紹介~

富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 テクノロジーデリバリーセンター 3Dデータプラットフォームグループ 高橋 智也 氏

3Dデータフォーマット「FAV」は、CADの設計データを各工程で利用する際に発生する、解析・製造条件・検査・等の様々な派生データを一元管理します。工程間の情報共有や、過去情報の効率的な再利用による問題の再発防止、技術伝承などを支援します。元々は、形状以外の、色・材料・接合強度などの情報まで保持できる3Dプリント用データでしたが、切削・鋳造・解析・AI・等への拡張性が認められ、汎用3DデータフォーマットとしてJISに制定されました。(規格番号:B9442「3Dモデル用FAVフォーマットの仕様」)「FAV」の活用による、より効率的な設計・製造プロセスの構築についてご紹介します。

https://webdesk.jsa.or.jp/preview/pre_jis_b_09442_000_000_2019_j_ed10_ch.pdf

https://www.fujixerox.co.jp/company/news/release/2019/67655

15:30 ~ 15:50

休憩

15:50 ~ 16:50

【研究発表2】

『製品開発でのシミュレーション活用について』-フロントローディングに活用できる大規模EMC解析-

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター 松原 亮 氏

近年、高性能・小型化が進展しているデジタル機器の開発では、LSIの高速化、低電圧化に伴い、EMC(Electromagnetic Compatibility)対策の難易度が高くなっている。この問題を効果的に解決するため、設計用の3D-CADデータを活用したEMC解析技術開発を行っている。今回、EMC問題である、輻射ノイズと静電気に関して、従来手法より直接的かつ効果的に貢献できる解析手法を開発し、 検討時間を削減した事例をご紹介します。

16:50 ~ 17:00

関西EACからのお知らせ

17:30 ~ 19:30

近隣で懇親会開催予定

※ 事前登録制 参加費 ¥3,000.- 例会受付時に集金させて頂きます。キャンセル無きようお願い致します 。