[HOME]  関西設計管理研究会によるイベントをご確認いただけます。参加/不参加の連絡にはログインが必要です。  [ログイン]

第456回例会

テーマ:「法規制対応と新製品開発」

法規制が最も厳しいとされる医療機器業界では、技術情報をどのような仕組みで管理・運用されているのか、研究発表と、テクノパークの見学で理解を深め、新製品開発の創造力をいかにして強化するかを考える。
日 時2014年10月10日(金) 12時50分〜16時30分
場 所シスメックス株式会社 テクノパーク(神戸市)
〒651-2271 兵庫県神戸市西区高塚台4丁目4番地の4
電話 (078)991-1911 (代表)
交通手段神戸市営地下鉄 西神・山手線「西神中央駅」より徒歩7分
備 考担当幹事 パナソニック 中谷氏 GSユアサ 萩尾氏
時 間内 容
12:30〜13:00受付
13:00〜13:15事務局連絡事項 会長挨拶

班分け2グループ(A班,B班)
A:13:15〜14:00 B:14:15〜15:00【研究発表1】
『医療機器業界における電子化システムへの取り組み』
シスメックス株式会社 技術情報部 開発情報課長 生駒 晴哉 氏(他2名)

医療機器業界では、規制緩和により電子化への取り組みが加速しております。しかし、その実現においては正しい法規制の解釈と対応が必須です。今回は当社がどのような仕組みを構築して厳しい法規制に対応しているかをご紹介させていただきます。
B:13:15〜14:00 A:14:15〜15:00【研究施設の見学】  テクノパークの見学

テクノパークに込めた思い  (HPより抜粋)
研究開発型企業の当社にとって、ナレッジを結集し、新しいテクノロジ−を生み出していくことが、今後シスメックスが皆様に貢献していく源泉となります。テクノパーク建設のコンセプトは「”知”の創造と継承」です。「創造」はもちろんのこと、「継承」することも非常に大事なことです。私たちは従来シスメックスが培った様々なものを継承しながら、そして世の中の技術やナレッジを上手く取り入れて、新たなものを創造していく、その舞台がテクノパークです。
15:00〜15:15休 憩
15:15〜16:15【研究発表2】
『ものづくり企業の競争力アップ (設計30%効率化! → 新製品創造力強化!)』 
株式会社経営システム研究所 代表取締役社長 冨田 茂 氏

8月にトヨタがFCVを今秋発売すると発表して以来、石油から水素エネルギー社会への移行を含めて、 世界経済レベルでの大変動が始まることを、多くの企業が感じ始めています。 しかし、新しい時代に適応するための新製品を開発しようにも、何をどのように進めればいいのか?
・・・現実の混沌の日々の中で、立ち止まったままである企業も多く見受けられます。
 一年半前に、“がんばれ日本の製造業”の講演を行ってから、今日に至るまでの世の中の変化と、これから先の考え方、切り口について、今回はお話しします。
16:15〜16:30交流会からのお知らせ(各交流会幹事) / 連絡事項(事務局)

17:00〜19:00【懇親会】 例会会場の近辺で開催します。(会場調整中)
   懇親会費2,000円 事前登録制