[HOME]  関西設計管理研究会によるイベントをご確認いただけます。参加/不参加の連絡にはログインが必要です。  [ログイン]

第451回例会

テーマ:最新のCAEを活用したコア技術・営業拡販力の向上を目指す

今や製造業の根幹を支えるようになってきたCAE、個人ベースの利用は当たり前体操で、ワンランク上のオープンソース活用や個人ベースの活用のレベルアップのヒントとなる事例を発表いただきます.またKEACとしては初の試みの自社・自己紹介を行い会員相互のコミュニケーションを図り,情報共有に更に厚みを増していきます.またCAE分科会のテーマに沿ったグループ討議・パネルディスカッションも用意しますので,みなさん課題持ち寄りで議論してまいりましょう.
日 時2014年3月7日(金)
場 所富士ゼロックス株式会社(大阪市)Document CORE Osaka
大阪市中央区本町3-5-7  御堂筋本町ビル1階

アクセス
交通手段地下鉄御堂筋線 本町駅下車3番出口上ル

アクセス
備 考担当幹事 新日鐵住金 石岡氏 遠藤照明 下川氏
時 間内 容
9:45〜10:00事務局連絡事項 会長挨拶
10:00〜11:00【研究発表】
『オープンソース・ソフトウェアを活用した社内CFD解析推進の取り組み』


ダイキン工業株式会社 環境技術研究所 開発グループ 研究員 服部敬太 氏

ダイキン工業では流体解析に関連する業務は商用ソフトウェアを活用してきました。しかしながら、近年の利用者や解析対象の拡大、計算モデルの大規模化など、今後の需要を考慮すると、オープンソース・ソフトウェアへの移行が必要です。本発表では、iconCFDを誰でも使いやすいようにExcelツールとして開発してきた経緯と経過を報告します。
11:00〜11:45【デバイス発表】
『SolidWorksSimulation 最新情報 〜Power of Community〜』


ソリッドワークス・ジャパン株式会社 営業技術部 課長 大澤 美保 氏

1995年に発表以来、昨年で22回目のリリース、世界累計225万本ライセンスに到達したSolidWorks。常にお客様の声に耳を傾け、最新バージョンの2014でも、200以上のお客様からのリクエストを製品に反映させました。より使いやすく、さらに設計に注力できるよう工夫された機能が満載です。本発表では、特に解析関連の最新技術を中心に、明日から使える情報を皆様と共有させていただきます。
11:45〜12:45昼休憩
12:45〜14:00『会員による自社(自己)紹介(各社約10分×5社)質疑応答』
14:10〜15:10『少人数によるグループディスカッション』
⇒ 8〜10名×4グループで議論。
⇒ テーマは、CAE分科会で議論中の4テーマ:『費用対効果』・『納期と精度』・『営業によるCAE活用』・『解析ストーリー』から選択いただく予定。
15:10〜15:20休憩とパネルディスカッション準備
15:20〜16:50『パネルディスカッション』
 ・少人数によるグループディスカッションの発表(5〜10分/Gr.)
 ・各々の発表に関して全体で意見交換
【パネラー】
(光洋サーモシステム)藤山氏,(コマツ)金田氏,(ソリッドワークス・ジャパン)大澤氏
【司会】(新日鉄住金)石岡氏
16:50〜17:00連絡事項(事務局)
17:15〜19:15【懇親会】  本町駅周辺にて開催予定