[HOME]  関西設計管理研究会によるイベントをご確認いただけます。参加/不参加の連絡にはログインが必要です。  [ログイン]

第420回例会

テーマ:安心・安全

企業に求められる製品の安全規格への対応と企業活動の中での労働安全衛生規格への取り組み等、”安心・安全”に纏わる取組を紹介する
日 時2009年9月11日(金)
場 所株式会社ダイヘン 六甲事業所(神戸市)
地図参照
交通手段JR神戸線「住吉」駅乗換え→六甲ライナー「アイランド北口」駅下車→西へ徒歩950m
・参加者は、アイランド北口駅12:30集合とし、徒歩で訪問します。(幹事が案内します)
・個々の訪問を希望される方は、直接ロビーに集合してください。駅からのタクシーはありません。
・自家用車の乗入れは可能です。ただし事前連絡が必要です。
備 考参加申し込み締め切り:2009年9月4日です。 会場ご提供事業所のご迷惑になりますので、特別な理由がない限り例会会場には公共の交通機関をご利用ください。
時 間内 容
13:00〜13:10事務局連絡事項  会長開会挨拶
13:10〜13:25【工場案内】
株式会社ダイヘン様ご挨拶「工場案内説明」株式会社ダイヘンの概要について
3:30〜14:15【工場見学】「株式会社ダイヘン 六甲事業所 工場見学」 (45分)
14:20〜15:10【研究発表1】
「アーク溶接用ロボットの技術動向」 (50分)
 溶接作業を人に代わって行い生産性の向上を目的として開発されたアーク溶接用ロボットは、近年のセンサ技術の発展による知能化やデジタル制御溶接機の開発による高品質溶接の実現など、益々高機能化が必要となってきています。本講演では、最近のアーク溶接最適化ロボットの技術動向についてお話させていただきます。

株式会社ダイヘン 溶接メカトロカンパニー メカトロ事業部技術部制御開発グループ グループ長/参事  神品 泰宏(こうじな やすひろ)氏
15:20〜16:05【研究発表2】
「建設機械の安全とその製品開発におけるCAE」 (45分)建設機械の安全性確保(視界、アクセス、運転手保護構造など)の装置例とその製品開発でのCAE適用事例を紹介する。 ( 発表30分、質疑応答15分)

コマツ 建機第一開発センタ CADCAMグループ  東中恵子 氏
16:10〜17:00【研究発表3】
「いま企業に求められている労働安全衛生基準とは」 (50分)
いま企業に求められているさまざまな労働安全衛生規格について、どう取組むべきかを、労働安全衛生に関する認証規格の内容を含め、安全管理対策の方向付けを考察します。

(社)日本労働安全衛生コンサルタント会理事、増田技術士事務所所長 労働安全コンサルタント・技術士(経営工学) 増田武司 氏
17:00〜17:10終了謝辞  その他連絡事項
17:30〜19:30【懇親会】
会場:神戸酒心館 さかばやし 078-841-2612 〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町1-8-17
http://www.shushinkan.co.jp/sakabayashi/
参加費 3,000円 (完全事前予約制です。参加者はHPを通じての申込みを必ず行ってください。)
懇親会の参加者は送迎バスにて懇親会場に移動します。
酒蔵でしか味わえない蔵直採り生酒を味わいながら、発表内容の安全・安心について継続討議します。