第479回例会

生産現場とデータ管理

日時:2018年6月8日(金)12:50~17:10
申込件数:60

1962年の創業以来、現在も国内で作り続けている、日本でしか作れないシェーバーの製造工程を見学します。
また、ものづくりに必要なデータ管理において、今後は人手をかけずに維持管理していく必要があり、AIや、RPAほかのIoTの活用事例について研究します。

場所

パナソニック株式会社 彦根工場 HIKONE KIZUNA館 集合
HIKONE KIZUNA館

交通手段

JR琵琶湖線 南彦根駅西口より、徒歩 約10分
JR彦根駅よりタクシーを利用した場合、約10分
アクセス

スケジュール

12:50~13:05

事務連絡、会長挨拶

13:05~14:45

【事業紹介・工場見学】
『パナソニック株式会社 アプライアンス社 彦根工場見学』
・工場概要説明
・3班に分かれて、シェーバー本体製造、アクア製造、HIKONE KIZUNA館商品展示場などを見学します。

14:45~15:00

休 憩

15:00~16:00

【研究発表】
『SAP-PLMの実力  ~DX時代の可能性~  』

アビームコンサルティング株式会社 P&T Digitalビジネスユニット
シニアマネージャ   池田 純氏

アビームシステムズ株式会社 ソリューションビジネスユニット プロセスマネジメントグループ
マネージャ 今井 努 氏
デジタル技術の隆盛によりPLM/PDMの重要性が見直される中、我々はSAPのPLMソリューションに注目し、その機能と実用性を徹底検証しました。SAPを取上げた背景から、テンプレート開発のポイントまでSAP-PLMの実力と共にご紹介します。

16:00~16:50

【デバイス発表】
『AIの導入、目的が先か? データが先か?』
応用技術株式会社 ソリューション本部 事業推進部  太田 桂吾 氏

AIシステム導入のためのデータ整備の手法と様々な導入事例をご紹介します。また、当日は実際のデモもいくつか見ていただく予定です。

16:50~17:10

連絡事項・次回例会案内